はじめに

交通事故の被害者請求も、 弁護士ならば迅速な解決へ導けます

 

交通事故被害に遭い後遺障害を遺した場合や死亡事故の場合には弁護士に依頼することをお勧めします。

理由は交通事故損害賠償請求においては3つの基準があるからです。

3つの基準の関係は以下の通りです。

交通事故損害賠償請求の3つの基準

「自賠責保険基準」とは

被害者を救済するために最低限の補償を目的として定められた自賠責保険金の支払基準です。そのため、この基準によって損害額を算定すると損害額は低額になります。

「任意保険基準」とは

任意保険会社は独自に任意保険金の支払基準を定めており、弁護士に依頼せず被害者の皆様が直接任意保険会社と交渉する場合、任意保険会社はこの基準によって損害額を算定します。この基準は「自賠責保険基準」と「裁判基準」の中間に位置する金額ですが、どちらかというと「自賠責保険基準」に近い金額となっており、「裁判基準」よりはかなり低額であることが多いです。

「裁判基準」とは

裁判例を分析して作成した基準です。この基準によって損害額を算定すると損害額は他の基準で算定する場合と比較して高額になります。

弁護士に依頼をすれば示談交渉の段階から「裁判基準」で交渉を進めることができます。
これは被害者の皆様にとって、とても有利なことです。また多重債事故や被害者の皆様に
大きな過失がある場合などは自賠責保険金を請求した方がよい場合もあります。

交通事故事件においては、皆様にとって総合的に見てよりよい解決方法を皆様の立場に立って
考えることのできる弁護士に相談をすることが迅速な解決への第一歩であると考えております。

交通事故の被害に遭い、お悩みの方は当事務所へ一度ご相談ください。
当事務所では交通事故法律相談は初回30分無料です。